読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Groovyをプロキシ環境下で使う

よく忘れるのでメモ

  • 特にhttpsとかno_proxyの書き方とかすぐ忘れるし。
  • 以下の例は実際にはどれも1行で記述します。コピペしてもそのまま実行できません!

コマンドライン

$ groovy -DproxyHost=proxy.example.com -DproxyPort=8080
         -Dhttps.proxyHost=proxy.example.com -Dhttps.proxyPort=8080
         -Dhttp.nonProxyHosts="localhost|192.168.*.*|10.*.*.*|*.example.com"
         hogehoge.groovy

環境変数

  • LinuxとかMacとか。
    • nonProxyHostsはちょっと自信なし。
$ export JAVA_OPTS="-DproxyHost=proxy.example.com -DproxyPort=8080
          -Dhttps.proxyHost=proxy.example.com -Dhttps.proxyPort=8080
          -Dhttp.nonProxyHosts=localhost|192.168.*.*|10.*.*.*|*.example.com"
  • Windows
    • 「"」ダブルコーテーションの位置に注意!
      • Windowsでは全体を囲む必要はないけど「*」を使うときは値を囲んであげる。
> set JAVA_OPTS=-DproxyHost=proxy.example.com -DproxyPort=8080
       -Dhttps.proxyHost=proxy.example.com -Dhttps.proxyPort=8080
       -Dhttp.nonProxyHosts="localhost|192.168.*.*|10.*.*.*|*.example.com"