読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつの間にかSourceTreeが環境変数HTTP_PROXYを見なくなった?

背景

  • 会社でSourceTreeを使っていてGitHubにはProxy経由、社内のStashはNO_PROXYで直接アクセスしていた。
    • .gitconfigにはhttp.proxy設定は書かない。
    • Macがメインマシンだけど、Windowsも使っていてどちらも同じようにできていた。 gozuk16.hatenablog.com

SourceTreeが環境変数を見なくなった?

しかたがないので.gitconfig書いた

  • 社内のリポジトリのほうが多いので、全体で設定(git config --global http.proxy http://proxy:xxxx)しないでリポジトリの個別設定にしたい。
  • でもGitHubリポジトリだって1つじゃないのでいちいち書きたくない。
  • includeでProxy設定だけ必要なプロジェクトが読み込むことにした。

Proxy用のincludeファイル作成

  • ホームディレクトリに作っとく。
$ vi ~/.gitconfig.proxy
[http]
        proxy = http://proxy.example.com:8080
[https]
        proxy = http://proxy.example.com:8080

プロジェクトごとにinclude

  • プロジェクトのディレクトリに移ってからinclude設定を追記。
$ cd projects/hogehoge
$ git config --edit
[include]
        path = ~/.gitconfig.proxy
  • 後で調べたら、git config include.path ~/.gitconfig.proxyでも出来たみたい。

これで再びSourceTreeから作業できるようになりました。